ニュース

のん×柴田隆浩“わたしは部屋充”配信限定リリース、ユニクロウェブCM曲

のん『わたしは部屋充』ジャケット
のん『わたしは部屋充』ジャケット

のんの新曲“わたしは部屋充”が本日11月14日に配信限定リリースされた。

“わたしは部屋充”は、のんが出演するユニクロ「フリースセット」のウェブCMソング。柴田隆浩(忘れらんねえよ)が作詞、作曲、プロデュースを手掛けた。ボーカル、コーラス、ギターののんに加えて、ギターにキョウスケ(爆弾ジョニー)、ベースにイガラシ(ヒトリエ)、ドラムにタイチサンダー(爆弾ジョニー)が参加。

ジャケットのビジュアルは、のんのアイデアをもとに、2020年2月29日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催される『NON KAIWA FES vol.2』でもアートディレクターを務めた永瀬由衣(れもんらいふ)がアートディレクションを担当。




のんのコメント

部屋充という素晴らしいコピーを元に、柴田さんが作った一曲。良すぎる…!圧倒的疾走感。溢れてくるエネルギー。その全てが部屋の中にいる人間から作られるうねりなんだという、お茶目さ。気持ちが満たされます。
webCMで巡り合った、「部屋充」という言葉が好きすぎて、そして柴田さんの曲も力強くて、「2番って書いていただけるものですか?」とお願いして今日に至ります。
せっかくだから、プロデュースも…と2度目のお願いを申し入れて、レコーディングしていただきました。
わたしがスタジオに着いた頃にはめっちゃくっちゃかっこいい演奏が録り終わっていて、聴いた時点で大興奮。その中にのんギターも入れて、歌を歌って、嬉しすぎました。そしてタメのお二人の肌ツヤに驚愕…。柴田さんのTシャツに写ったお母様がお綺麗で盛り上がり…。楽しい時間を過ごしました。
今この瞬間、活力が溢れてくる、明日が待てなくなる、止められないエネルギーを持った曲が生まれました。最高の気分です!みんなに聴いてほしい!
わたしも出不精であんまり出かけないけれど、部屋の中は充実してるんだ、部屋の中から叫んでるんだ。部屋充、アツいな!!

レコーディング風景
レコーディング風景
レコーディング風景
レコーディング風景
のん
のん
忘れらんねえよ
忘れらんねえよ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会