濱津隆之が「絶メシ」求めて車中泊 テレ東『絶メシロード』で連ドラ主演

連続ドラマ『絶メシロード』が2020年1月24日からテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送される。

同作は、博報堂ケトルが群馬・高崎の地域再生プロジェクトとして企画、プロデュースし、書籍化や福岡や石川などへの展開も進んでいる「絶メシリスト」をドラマ化するもの。時代の流れと共に「絶滅してしまうかもしれない絶品メシ」を求めて、日々ストレスを感じているサラリーマン須田民生が週末に1泊2日の旅に出るというあらすじだ。

民生役を地上波連続ドラマ初主演となる濱津隆之、民生の妻・佳苗役を酒井若菜、民生が旅先で出会うベテラン車中泊キャンパー鏑木勉役を山本耕史が演じるほか、『青春高校3年C組』に出演している西村瑠香や、長村航希、野間口徹が共演。原案はプロデューサーとして参加している畑中翔太(博報堂ケトル)が手掛けた。主題歌にはスカートの楽曲“標識の影・鉄塔の影”を起用。

ドラマ内に登場する「絶メシ」店は、関東甲信越、北陸地方を中心に11県12か所で実際に営業している店舗となっており、ストーリーも店主らへの取材に基づいて構成されているという。なお同作は、2020年1月17日からひかりTV、Paraviで先行配信される。

畑中翔太(博報堂ケトル)のコメント

“絶やしたくない絶品グルメ”『絶メシ』は、時代の流れととも次々となくなってしまっている、まちの古い個人飲食店にもう1度光を当てる地域創生プロジェクトとして、2年前に群馬県高崎市からスタートしました。
現在では他の都道府県にも絶メシが展開されている中、この取り組みをより全国に広げたいという想いから、今回テレビ東京さんと博報堂ケトルがタッグを組み、念願のTVドラマ化が決定しました。
ドラマ化にあたっては、“全国に存在する絶メシを求め、車中泊をしながら各地を巡る中年サラリーマン”をテーマに原案を考えさせていただきました。
今回ドラマ制作のために全国にある絶メシをリサーチし、全12話、毎回異なるエリアの“絶メシ店”とスポットが登場します。ストーリーも実際の店主さんたちの取材をもとに構成しており、味わい深いお店のエピソードもドラマの魅力の一つです。このドラマを観た視聴者の方々が、民生さんのように車中泊の旅に出て、その地域に愛されてきたお店に行ったりしてくれる、そんな「地域創生ドラマ」になれることを期待しています。

番組情報

ドラマ25『絶メシロード』

2020年1月24日(金)から毎週金曜24:52~25:23にテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送
演出:菅井祐介、古川豪、小沼雄一、原廣利 脚本:森ハヤシ、村上大樹、家城啓之 原案:博報堂ケトル『絶メシリスト』 音楽:河野丈洋 主題歌:スカート“標識の影・鉄塔の影” 出演: 濱津隆之 酒井若菜 西村瑠香(青春高校3年C組) 長村航希 野間口徹 山本耕史
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 濱津隆之が「絶メシ」求めて車中泊 テレ東『絶メシロード』で連ドラ主演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて