ニュース

佐藤二朗が二日酔い状態で警察署長役 『死亡フラグが立ちました!』出演

『死亡フラグが立ちました!』 ©2019 U-NEXT/カンテレ
『死亡フラグが立ちました!』 ©2019 U-NEXT/カンテレ

連続ドラマ『死亡フラグが立ちました!』の第5話に佐藤二朗が出演することがわかった。

七尾与史の同名小説を原作とする同作は、U-NEXTとカンテレがタッグを組んで宝島社の『「このミステリーがすごい!」大賞』の関連作品をドラマ化する『「このミス」大賞ドラマシリーズ』の第3弾。廃刊危機のオカルト雑誌を救うために「死神」と呼ばれる殺し屋の正体を暴くという使命を与えられたフリーライターの陣内トオルが、高校の先輩で破天荒な天才投資家・本宮やヤクザの松重らと共に死神の正体に迫っていくというあらすじだ。陣内トオル役に小関裕太、本宮役に塚地武雅がキャスティング。

佐藤二朗が演じるのは警察署長の藤堂役。不審な事件の詳細を尋ねるために警察署を訪れた陣内を冷たくあしらい、衝撃の事実を告げるというキャラクターだ。佐藤二朗は「撮影当日、完全に二日酔い状態でして、ただ、それゆえに小関くんとのシーンは、なんというか、なんともいえないシーンになりまして、哀愁が漂い、ペーソスに満ちた、ペーソスの意味はよくわかりませんが、要するに、なんというか、なんともいえないシーンになっております」とコメントを寄せている。

第5話は11月21日24:25からカンテレで放送されるほか、11月22日10:00からU-NEXTで配信。発表とあわせて、ノートとペンを手にする陣内と藤堂が向かい合う様を写し出した場面写真が公開された。

佐藤二朗のコメント

実は撮影当日、完全に二日酔い状態でして、ただ、それゆえに小関くんとのシーンは、なんというか、なんともいえないシーンになりまして、哀愁が漂い、ペーソスに満ちた、ペーソスの意味はよくわかりませんが、要するに、なんというか、なんともいえないシーンになっております。
ですから皆さんも、なんというか、なんともいえない感じでご期待を。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 佐藤健がYouTubeチャンネルを開設、第1回目は生配信&ゲストに上白石萌音 1

    佐藤健がYouTubeチャンネルを開設、第1回目は生配信&ゲストに上白石萌音

  2. 『バチェラー』男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』男性参加者17人発表 2

    『バチェラー』男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』男性参加者17人発表

  3. マツコ・デラックスが直筆手紙で新社会人を応援、資生堂広告が都内駅に掲出 3

    マツコ・デラックスが直筆手紙で新社会人を応援、資生堂広告が都内駅に掲出

  4. 『るろうに剣心 最終章』雪代巴役は有村架純 佐藤健演じる剣心の妻 4

    『るろうに剣心 最終章』雪代巴役は有村架純 佐藤健演じる剣心の妻

  5. いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボ動画公開&テーマ曲配信 5

    いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボ動画公開&テーマ曲配信

  6. CHAIが語る、海外のステージに立つ中で感じる緊張、課題、自信 6

    CHAIが語る、海外のステージに立つ中で感じる緊張、課題、自信

  7. CHAI、学生時代を振り返る。軽音部時代を語り、日本の就活を斬る 7

    CHAI、学生時代を振り返る。軽音部時代を語り、日本の就活を斬る

  8. 「スチャダラパーからのライムスター」の楽曲“Forever Young”配信 8

    「スチャダラパーからのライムスター」の楽曲“Forever Young”配信

  9. ディズニー映画『ムーラン』吹替声優に明日海りお&小池栄子 予告編も公開 9

    ディズニー映画『ムーラン』吹替声優に明日海りお&小池栄子 予告編も公開

  10. 山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開 10

    山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開