西野亮廣原作の舞台『えんとつ町のプペル』に近藤良平、ひびのこづえら参加

舞台『「えんとつ町のプペル」THE STAGE』の続報が発表された。

西野亮廣(キングコング)が「にしのあきひろ」名義で発表した絵本『えんとつ町のプペル』をもとにした同作は、煙突だらけの町を舞台に、父を亡くした少年ルビッチと、ハロウィンの夜に出会った「ゴミ人間」プペルのもとに起きた奇跡を描く作品。プペル役を萩谷慧悟、ルビッチ役を須賀健太が演じる。脚本は西野が舞台のために書き下ろしたオリジナルストーリーとなり、演出は児玉明子が担当。

新たに出演が明らかになったのは、宮下雄也、尾関陸、北乃颯希、谷津翼、皇希、佐久本歩夢、町田マリー、なだぎ武の8人。配役は後日発表される。また、振付を近藤良平(コンドルズ)、衣裳プランナーをひびのこづえが担当することもわかった。

同作は2020年1月21日から兵庫・AiiA2.5TheaterKobe、1月30日から東京・天王洲の銀河劇場で上演。チケットの先行予約販売は11月28日12:00から、一般販売は12月28日10:00から開始となる。

イベント情報

『「えんとつ町のプペル」THE STAGE』

演出:児玉明子 脚本:西野亮廣(キングコング) 原作:にしのあきひろ『えんとつ町のプペル』(幻冬舎) 振付:近藤良平 出演: 萩谷慧悟 須賀健太 宮下雄也 尾関陸 北乃颯希 谷津翼 皇希 佐久本歩夢 町田マリー なだぎ武 兵庫公演 2020年1月21日(火)~1月26日(日)全8公演 会場:兵庫県 AiiA2.5TheaterKobe 料金:8,800円 カジュアルシート8,000円 東京公演 2020年1月30日(木)~2月5日(水)全10公演 会場:東京都 天王洲 銀河劇場 料金:8,800円
  • HOME
  • Stage
  • 西野亮廣原作の舞台『えんとつ町のプペル』に近藤良平、ひびのこづえら参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて