ニュース

片寄涼太がプリレジェ新章ドラマ『貴族誕生』&映画『貴族降臨』主題歌

片寄涼太
片寄涼太

ドラマ『貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-』および映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』の主題歌に片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が歌う“Possible”が起用されることがわかった。

『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が集結する両作は、ホストが支配する町「ナイトリング」を舞台に、日々泥と汗にまみれて働く「全日土木」とナイトリングのナンバーワンクラブ「テキサス」、クラブ「サンマルチノ」による覇権争いを描いた作品。主人公・安藤シンタロウ役を白濱亜嵐が演じる。

主題歌を担当する片寄涼太は、前作『PRINCE OF LEGEND』シリーズから朱雀グループの御曹司である「セレブ王子」朱雀奏を演じており、2020年3月13日から公開される映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』に「伝説の王子」として登場。主題歌“Possible”は、☆Taku Takahashi(m-flo)と向井太一の共作となる。現時点でリリースは未定。

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)のコメント

今回PRINCE OF LEGENDシリーズの新章となるドラマ“貴族誕生”の主題歌を歌わせて頂きました。前回のシリーズではメインのキャラクターとなる朱雀奏を演じさせて頂きましたが、今回は歌での存在感を感じて頂けたらと思っています。前シリーズから主題歌や各チームのテーマソングを手がけてくださっているm-floの☆TakuTakahashiさんにサウンドプロデュースをして頂いた「Possible」という楽曲は、いま流行りのシティポップの要素が盛り込まれたとてもお洒落な一曲になっています。歌詞とトップラインは☆Takuさんが声をかけて下さったシンガーソングライターの向井太一さんに制作して頂きました。自分も向井さんの楽曲やアルバムを趣味的にとても自然に聴かせて頂いていたので、このようなカタチでご一緒させて頂ける事に驚くと同時に、とても嬉しかったです。作品に少しでも華を添えられる楽曲になっていたらなと思います。作品と合わせて楽曲も是非気に入ってやってください。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会