ニュース

大泉洋と小池栄子が偽夫婦 KERA原作の映画『グッドバイ』予告編&ポスター

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の予告編と第2弾ポスタービジュアルが公開された。

戦後の日本を舞台にした同作は、太宰治の未完の遺作をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で戯曲として完成させ、『第23回読売演劇大賞』最優秀作品賞を受賞した『グッドバイ』が原作。気づけば何人もの愛人を抱えていた文芸雑誌の編集長・田島周二が彼女たちと別れる決心をするものの別れを切り出せず、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に妻を演じるよう頼み込む、というあらすじだ。

「ダメ男」田島周二役を大泉洋、がさつで小汚いが実は美人な永井キヌ子役を小池栄子が演じるほか、田島の愛人役に水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、妻の静江役に木村多江がキャスティング。加えて濱田岳、松重豊、戸田恵子らが共演者に名を連ねる。監督は『八日目の蝉』などの成島出。

予告編では、田島とキヌ子が次々と愛人たちのもとを訪れる様子や、「好きだー!」と叫んでキヌ子を押し倒した田島がキヌ子によって2階から突き落とされる場面、キヌ子に向かって窓越しに「グッドバイ」とささやく田島の姿などが確認できる。

ポスタービジュアルには困り顔で頬杖を突く田島と、笑みを浮かべて田島を見つめるキヌ子、2人の背後に田島の妻や愛人たちが映し出され、「別れの言葉が教えてくれる、ホントの気持ち」というコピーが添えられている。

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』第2弾ポスタービジュアル©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』第2弾ポスタービジュアル©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開