植本一子の写真集『うれしい生活』刊行、ECDや子供たちとの10年を撮影

植本一子の写真集『うれしい生活』が刊行された。

1984年生まれ、広島出身の写真家・植本一子。昨年に57歳で死去したラッパーのECDの妻であり、著書に『働けECD 私の育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』『フェルメール』『台風一過』、ECDとの共著に『ホームシック 生活(2~3人分)』がある。植本にとって初の作品集となる『うれしい生活』は、ECD、2人の娘と過ごしたおよそ10年を記録したもの。

書籍情報
  • HOME
  • Art,Design
  • 植本一子の写真集『うれしい生活』刊行、ECDや子供たちとの10年を撮影

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて