「最もマイケル・ベイな作品」R・レイノルズが語る『6アンダーグラウンド』

マイケル・ベイ監督のNetflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』の特別映像が公開された。

12月13日から世界同時配信される同作は、世界随一のスキルを持ち、「過去を消して未来を変えたい」と願う身元不明の男女6人で構成された精鋭チームの戦いを描く作品。チームを率いる謎のリーダー役をライアン・レイノルズが演じるほか、デイヴ・フランコ、ベン・ハーディらが出演。脚本を『デッドプール』シリーズのレット・リースとポール・ワーニックが担当している。監督は『バッドボーイズ』や『トランスフォーマー』シリーズなどのアクション映画を多く手掛けるマイケル・ベイ。

公開された特別映像では、ライアン・レイノルズが「『6アンダーグラウンド』こそがマイケル・ベイ史上最もマイケル・ベイな作品」「彼の作品は『イカれている』」と語る様子や、科学者が「マイケル・ベイ度数」を測定しようとする姿などが確認できる。

同作のスタントシーンでは爆破・破壊されたものを含めて750台以上の車両を使用。危険な走行をするカーアクションのため、スタント時に作動する可能性があるエアバックなどの安全機能を全て解除して撮影を行なったという。また、イタリア・フィレンツェのピッティ宮殿をはじめ、博物館や教会での撮影や、イタリア・ミラノの大聖堂ドォーモでのヘリコプターやドローンを使用した低空飛行による空撮が許可されたとのこと。

作品情報

『6アンダーグラウンド』

2019年12月13日(金)からNetflixで配信
監督:マイケル・ベイ 脚本:レット・リース、ポール・ワーニック 出演: ライアン・レイノルズ デイヴ・フランコ ベン・ハーディ ほか
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 「最もマイケル・ベイな作品」R・レイノルズが語る『6アンダーグラウンド』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて