平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

King & Princeの平野紫耀、永瀬廉、高橋海人のカラーグラビアと座談会の様子が12月10日発売の『婦人公論 2019年12月24日・2020年1月4日合併特大号』に掲載される。

デビューから2年目を迎えるKing & Prince。誌面では、舞台『ジャニーズアイランド』に出演する平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が舞台への意気込みや新年への抱負などを語る。3人は胸にそれぞれのメンバーカラ―のコサージュを付けた白のタキシード姿で撮影に臨んでいる。

そのほか『婦人公論 2019年12月24日・2020年1月4日合併特大号』では、武井壮、尾上菊之助、江原啓之らを特集。特別付録として上野動物園のパンダ・シャンシャンによる「ちびっこシャンシャン カレンダー2020」が付属する。

リリース情報
  • HOME
  • Book
  • 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて