DC映画『ワンダーウーマン 1984』6月公開 金のスーツ姿で登場する予告編

映画『ワンダーウーマン 1984』が6月に全国で公開される。

2017年に公開された『ワンダーウーマン』の最新作となる同作は、DCコミックスに登場するワンダーウーマンを主人公に据えた作品。「欲望が溢れる狂乱の時代」1984年を舞台に、恋人のスティーブを失った悲しみや孤独と向き合うプリンセス・ダイアナの前に、死んだはずのスティーブが現れたことから物語が展開する。全米公開は6月5日。

ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナ役をガル・ガドットが続投。スティーブ役をクリス・パインが演じるほか、クリスティン・ウィグ、ロビン・ライト、ペドロ・パスカルらが出演する。『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス監督が引き続きメガホンを取った。

発表とあわせてUS版予告編とビジュアルが公開。予告編では「恋は?」と尋ねられたプリンセス・ダイアナの「ずっと昔にね」という言葉をはじめ、テレビに映る謎の男性が「誰よりも幸せになりたい? あなたの願いは――すべて私が叶えよう」と扇動する様、ワンダーウーマンがティアラを投げて監視カメラを破壊する場面、ダイアナとスティーブが抱き合うシーン、ワンダーウーマンが腕で弾丸をはじくシーンや、金色のコスチュームを身に着けた姿などが確認できる。

作品情報

『ワンダーウーマン 1984』

2020年6月全国公開
監督:パティ・ジェンキンス 出演: ガル・ガドット クリスティン・ウィグ クリス・パイン ロビン・ライト 配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • DC映画『ワンダーウーマン 1984』6月公開 金のスーツ姿で登場する予告編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて