飴屋法水、坂口恭平、佐々木敦らが演劇語る 九龍ジョー編集『Didion 03』

雑誌『Didion 03』が12月13日に刊行される

九龍ジョーが編集長を務め、2017年に創刊された『Didion』。「演劇は面白い」をテーマとする今回は、小劇場演劇や、2.5次元舞台、宝塚、高校演劇、演劇ワークショップ、「演劇と融合しはじめたお笑いコントの実験」などを紹介する。

誌面には鎌田順也(ナカゴー)、小西朝子(テアトロコント)へのインタビューや、飴屋法水と本橋龍(ウンゲツィーファ)の対談を掲載。寄稿者には碇雪恵、岡部愛、北村紗衣、くみこ、坂口恭平、佐々木敦、巽大介、中澤雄介、ヒコ、室岡夏実、モリタタダシ、ヤバイ芝居が名を連ねる。

12月15日には東京・新宿のシアターPOOでリリースパーティーを開催。坂口恭平、本橋龍、九龍ジョーらが登壇し、トーク、パフォーマンスを行なう。チケットはパスマーケットで販売中。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 飴屋法水、坂口恭平、佐々木敦らが演劇語る 九龍ジョー編集『Didion 03』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて