片想いの片岡シンが初期の舌癌、一部イベントが中止に 「必ず復活します」

片想いの片岡シン(Vo)が舌癌であることが発表された。

カクバリズムのオフィシャルサイトでは本日12月11日に「片想いについての大事なお知らせ」と題した記事を公開。舌癌は初期の段階で発見され、転移などはないとのこと。片岡シンが治療に専念するため、片想いの一部のイベントが中止となる。

片岡は「ほっといたら治るわいと思ってたんですが、皆さんに会えなくなったらヤダなので今回は治療に専念させてください。医者に騙されていなければ、早期の治りうる段階の病気なので信じて過ごしたいと思います。すぐにとはいかないかもしれませんが、僕は必ず復活します。片想いのライブもやります。その時はどうか皆様遊びに来てください」とコメントを寄せている。

中止となる公演は、12月21日の『あだち麗三郎のソロ弾き語り』、12月22日の『片想い 3rd Album「LIV TOWER」Release Tour ~無人島で見たものは?~』、12月30日の『片想いだョ!全員集合!2019』、1月11日の『片想い「LIV TOWER」リリーススペシャル公演 “片想インダリベンジ”』。また、1月16日の『あだち麗三郎まつり vol.3 ~あだち麗三郎4thアルバム「アルビレオ」リリースツアー東京編~』のカタオモロの出演がキャンセルとなった。チケットの払い戻しなどについてはカクバリズムのオフィシャルサイトで確認しよう。

片岡シン(片想い)のコメント

ライブを楽しみにしてくれていた皆様、ごめんなさい!
台風に続いてまさか自分の病でキャンセルになってしまうとは考えてもみませんでした。

ほっといたら治るわいと思ってたんですが、皆さんに会えなくなったらヤダなので今回は治療に専念させてください。
医者に騙されていなければ、早期の治りうる段階の病気なので信じて過ごしたいと思います。

すぐにとはいかないかもしれませんが、僕は必ず復活します。片想いのライブもやります。
その時はどうか皆様遊びに来てください。
仄暗い病室より

片岡 信

  • HOME
  • Music
  • 片想いの片岡シンが初期の舌癌、一部イベントが中止に 「必ず復活します」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて