クリストファー・ノーラン最新作『TENET テネット』9月に日本公開

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』の日本公開日が9月18日に決定。ティザ―ビジュアルと予告編が公開された。

『ダークナイト』シリーズ、『ダンケルク』などで知られるクリストファー・ノーラン監督。『TENET テネット』は、2014年公開の『インターステラー』以来のオリジナル脚本作品となるサスペンスアクション映画だ。主演は『ブラック・クランズマン』のジョン・デビッド・ワシントンが務めるほか、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーがキャスティング。

予告編では宙に浮くジョン・デビッド・ワシントンらの姿や、「“死後の世界”へようこそ」「第三次世界大戦を防ぐのよ」「この言葉を覚えろ、“TENET”」という台詞、逆再生のように逆さになった車が元に戻る様子などが映し出されている。

同作はIMAXカメラで撮影。ロバート・パティンソンは「長年見てきた中で、一番クレイジーな作品」と述べている。

作品情報

『TENET テネット』

2020年9月18日(金)から全国IMAXで公開
製作総指揮:トーマス・ハイスリップ 監督、脚本:クリストファー・ノーラン 出演: ジョン・デビッド・ワシントン ロバート・パティンソン エリザベス・デビッキ マイケル・ケイン ケネス・ブラナー 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • クリストファー・ノーラン最新作『TENET テネット』9月に日本公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて