7人の中村倫也が登場 映画『水曜日が消えた』超特報&ティザービジュアル

映画『水曜日が消えた』の「超特報」とウェブ限定のティザービジュアルが公開された。

5月に全国公開される同作は、1人の人間の内側で曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の「僕」の中で最も地味でつまらない通称「火曜日」の視点を通して描かれる物語。それぞれの「僕」は、他の曜日の「僕」と直接会うことはできず、日記を通して間接的に互いを知っている間柄という設定だ。主演の中村倫也が1人7役を演じる。

「超特報」には中村演じる7人の「僕」が登場。髪型やファッションの異なる「僕」がウッドベースを演奏する姿や絵を描く様子、ドライブに出かけるシーン、謎の叫び声が響く場面などが映し出されているほか、「僕たちの終わりが始まる」というコピーが使用されている。

ティザービジュアルには6人の「僕」の姿や黒く塗りつぶされたスペースなどが写し出されている。

作品情報

『水曜日が消えた』

2020年5月全国公開 監督・脚本・VFX:吉野耕平 出演:中村倫也 配給:日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 7人の中村倫也が登場 映画『水曜日が消えた』超特報&ティザービジュアル

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて