ニュース

グラフィック『1_WALL』受賞、山内萌の個展『アプローチするグラフィック』

山内萌 作品
山内萌 作品

山内萌の個展『アプローチするグラフィック』が1月15日から東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催される。

1998年生まれの山内萌は、武蔵野美術大学油絵学科に在籍。2019年に行なわれた『第20回グラフィック「1_WALL」』では、3DCGで作成した顔を油絵で描いた作品『アプローチするグラフィック』を出品し、グランプリを受賞した。審査員を務めた東京国立近代美術館主任研究員の保坂健二朗は、山内について「擬人化したヤカンをあえて拙いCGで描いたような愛らしいイメージと、その愛らしさを理論的に補強する『アプローチするグラフィック』というキャッチーな言葉とを携えて、山内萌は弱冠20歳にしてグランプリを獲得した」と評している。山内は宅録による音源制作もしている。

同展では、キャンバスや廃材のベニヤ板に油絵の具を用いて顔を描いた作品を紹介。展覧会名にも使用されている『アプローチするグラフィック』に加えて、新作も展示される。会期中の1月15日にはオープニングパーティー、1月31日には保坂健二朗が登壇するトークイベントを実施。ガーディアン・ガーデンのオフィシャルサイトではトークイベントの予約申し込みを受付中だ。

山内萌のコメント

もし表情がそこに置かれていたら、あなたはどんな気持ちになって、どんな表情をするのだろうか……
それを知りたいから配置する。
そんなコミュニケーションのアプローチがあってもいいと思う。
対象を目の前にとっさに出てきたあなたの表情は、きっと繕ったものではないはずだ。
現代美術がわからなくても、ゲイジュツに興味がなくても、言葉を超えた素直さは、あなたの中に必ず潜んでいるのだ。
ゾッとしたり、にやけたり、腹が立ったり、何考えたっていい。
あなたと私の作品とのコミュニケーションはすでに始まっている。

山内萌 作品
山内萌 作品
山内萌 作品
山内萌 作品
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー