ニュース

福間健二監督×和田光沙主演『パラダイス・ロスト』劇場公開

映画『パラダイス・ロスト』が3月20日から東京・アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。あわせてメインビジュアルと場面写真が公開された。

『パラダイス・ロスト』は、映画『あるいは佐々木ユキ』『秋の理由』などの福間健二監督による最新作。福間監督は詩人としても活動し、『萩原朔太郎賞』『藤村記念歴程賞』などを受賞している。『パラダイス・ロスト』では、心臓発作で倒れた山口慎也の妻である亜矢子が希望を取り戻す様を描く。

『岬の兄妹』の和田光沙が亜矢子を演じるほか、慎也役の江藤修平、慎也の異父弟・翔役の我妻天湖、亜矢子の友人・佐々木ユキ役の小原早織、早織の恋人・川村講平役の木村文洋がキャスティング。そのほか、森羅万象、宇野祥平、佐々木ユメカ、スズキジュンゾらがキャストに名を連ねている。我妻天湖が映画に出演するのは今回が初。

メインビジュアルでは亜矢子の姿と「ゼロからはじまる自分に会いに行く。」というコピーが確認できる。

和田光沙のコメント

『パラダイス・ロスト』は、大切なものを失って立ち止まった場所で、再び人や景色や包み込む世界と出会い、歩きだす物語です。亜矢子という女性が失った楽園を漂うように、不安なときも手探りで、福間監督の作品に散りばめられた様々な言葉を手がかりに、みんなで作り上げました。すべてのことはメッセージ。ぜひ観てください。

福間健二監督のコメント

パラダイス・ロスト。ミルトンの大名作『失楽園』の原題が頭に浮かんだ。同時に、木下夕爾の詩「死の歌」の原民喜の遺作短編「心願の国」をかさねあわせて見出していた、この世の外に追われる死者の、地球への思いも。
ひとりの死者が自分の去った世界を見ている。そのイメージ。映画にも詩にもある客観の視線。だれがそれを見ているのかという昔からの問いがある。そのひとつの答えになるのではないか。そう思ったとき、『パラダイス・ロスト』は動きはじめた。
この地上、この世界。うまく行っているように見えていたことも音たてて崩れている。パラダイスを夢見ることはもうできないのだろうか。ここで私たちはどう生きて、どう夢をとりかえすのか。生と死の境界をこえる視点から、幻想的かつリアルに、「いま」を抱きしめたいと思った。私たちの生きる場所を再発見するために。

『パラダイス・ロスト』メインビジュアル ©tough mama
『パラダイス・ロスト』メインビジュアル ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
『パラダイス・ロスト』 ©tough mama
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される