ニュース

性のタブーに切り込む Netflix『セックス・エデュケーション』S2予告編

Netflixオリジナルシリーズ『セックス・エデュケーション』シーズン2の予告編とキービジュアルが公開された。

セックスセラピストの母を持つ高校生オーティス・ミルバーンが、同級生が抱える様々な性の悩みの相談に奮闘していくうちに、自身も恋愛、友情、親子関係を学び、自分らしさを見つけて成長していく姿を描いた『セックス・エデュケーション』。1月17日から配信されるシーズン2は、高校生に加えて大人の問題も勃発する内容になるとのこと。主人公オーティス・ミルバーン役をエイサ・バターフィールド、オーティスの母でセックスセラピストのジーン役をジリアン・アンダーソン、オーティスが憧れる自由奔放なメイヴ役をエマ・マッキーが続投する。

エイサ・バターフィールドはシーズン2について「母親との関係は以前より改善されたものの、まだぎこちなくて緊張が続いています。でも、オーティスにはガールフレンドができたから、彼女との関係を通して様々なことを学ぶことになります。学校生活では、学校中の生徒がオーティスのことを知っていて有名人だからステイタスがぐっと上がるんです。まあ“セックスに詳しい生徒”としてですが(笑)」とコメント。母親役のアンダーソンとの共演については「ジリアン(・アンダーソン)は、ユーモアセンスがあってとても面白い人です。あんなに面白い人だとは想像もしていなかったから驚きました」と明かしている。

予告編では、オーティスの高校に「性の専門家」として登場したジーンが「テーマはS・E・Xよ」と宣言する姿をはじめ、「性病が大流行だ」「アソコを漂白しろ?」「精液がクサい」という言葉、メイヴが「私を戻せば学校の不正はバラさない」と言い放つ様、ンクーティ・ガトワ演じるゲイの青年エリックが男性に「デートしよう」と誘われるシーン、メイヴとオーティスの「お金が全てよ」「再始動だね」というやりとりなどが確認できる。

またキービジュアルには登場人物たちの姿が写し出されているほか、「ふつうじゃないのが、ふつうでしょ。」というコピーが使用されている。

『セックス・エデュケーション』シーズン2 キービジュアル
『セックス・エデュケーション』シーズン2 キービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー