ニュース

前田敦子主演『伝説のお母さん』で大地真央がジェンダーレスの魔王に

『伝説のお母さん』
『伝説のお母さん』

連続ドラマ『伝説のお母さん』に大地真央と村上新悟が出演することがわかった。

2月1日からNHK総合「よるドラ」で放送される同作の主人公は、ロールプレイングゲームの世界に生きる「伝説の魔法使い」メイ。闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、平和を取り戻した聖戦に参加したメイは専業主婦としてワンオペ育児に奮闘していたが、ある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届くというあらすじだ。家事や育児に冒険に奮闘するメイ役に前田敦子がキャスティング。

大地真央が演じるのは、「……愚かな人間どもめ」「人間は複雑怪奇だ……」が口癖の魔王役。雌雄同体であるために「男だから」「女だから」という概念が理解できず、人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄するというキャラクターだ。大地真央は「真央だけに魔王役のオファーをいただいたのでしょうか(笑)」とコメントしている。

村上新悟は魔王に仕える側近役にキャスティング。劇中では日々人間研究に勤しみ、人間社会の矛盾や弱点をプレゼンする。

大地真央のコメント

真央だけに魔王役のオファーをいただいたのでしょうか(笑)
監督からもジェンダーレスで…というお話がありましたが、まずはインパクトのある魔王ビジュアルをスタッフの方と相談しながら、前髪のカーブや、メイクのトーン、まつげの色、衣装など、魔王の個性を表す細かいところまで考え、喋りかた声なども含め今回の魔王像を創りあげていきました。
女であり、男であり、女でもなく、男でもない、そして人間でもない、一筋縄ではいかない魔王です。
このドラマの一番奥深いテーマを語っていたり、敵でありながら、今の子育て世代に一番共感してもらえるのは実は魔王かも!?

『伝説のお母さん』
『伝説のお母さん』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談