今村圭佑の初長編映画『燕 Yan』に水間ロンら出演 日本と台湾・高雄が舞台

映画『燕 Yan』が6月5日から東京・新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開される。

米津玄師の“Lemon”のPVなどの撮影を手掛けた今村圭佑の長編デビュー作となる同作は、日本と台湾・高雄を舞台に、離れ離れになった家族がそれぞれの感情を抱えながら成長する姿を描いた作品。

母に捨てられた複雑な思いを20年以上抱えながらも母の故郷・台湾に住む兄を訪れ次第に変化していく主人公・早川燕役に水間ロン、弟との再会に戸惑いつつも自らの生き方を貫く燕の兄・林龍心役に山中崇、2人の母・林淑恵役に一青窈、父・早川修一役に平田満、龍心と共同生活をするトニー役にテイ龍進、燕の継母・早川里美役に長野里美がキャスティング。今回の発表とあわせてティザービジュアルが公開された。

水間ロンのコメント

「白鳥はかなしからずや空の青 海のあをにも染まずただよふ」これは元々セリフとしてあった若山牧水の歌です。純粋なものほど何にも染まれず孤独で、主人公 燕もずっと漂っています。誰しもがそんな燕に共感できると思います。
燕という鳥は夏に日本に来て、冬に暖かい地方に飛んでいきます。この映画では台湾の高雄として描いています。僕自身も日本と中国、2つの家があり、そこに壁も境界線もありません。そういった思いでこの映画を見て頂けると幸いです。

山中崇のコメント

翼が折れてしまった男
翼を休めている男
翼を探している男
いつの頃からか上手く飛ぶことを忘れてしまった、そんな男たちの物語。
想いは海をこえて

今村圭佑監督のコメント

今回初監督をやらせていただきました。
たくさんの作品を撮影監督として撮らせてもらってきましたが、このような形で映画づくりができるとは思いもよりませんでした。
この映画は大半を台湾の高雄というところで撮りました。
撮影現場で台湾と日本の両キャストスタッフが言葉も通じない中で一緒になって作品作りをしていく姿にこの映画の一端を見ました。
少しでも感じていただけたらいいなと思います。
宜しくお願いします。

作品情報

『燕 Yan』

2020年6月5日(金)から新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:今村圭佑 脚本:鷲頭紀子 音楽:堤裕介 出演: 水間ロン 山中崇 テイ龍進 長野里美 田中要次 宇都宮太良 南出凌嘉 林恩均 平田満 一青窈 上映時間:86分 配給:catpower
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 今村圭佑の初長編映画『燕 Yan』に水間ロンら出演 日本と台湾・高雄が舞台

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて