シニアと若者が対話『私がこれまでに体験したセックスのすべて』日本初演

ドキュメントシアター『True Colors DIALOGUE「私がこれまでに体験したセックスのすべて」』が、3月5日から東京・表参道のスパイラルホールで日本初演される。

7月まで開催中の『True Colors Festival - 超ダイバーシティ芸術祭 -』が展開する身体表現シリーズ『True Colors パフォーミングアーツ』の第5弾となる同公演は、カナダ出身のダレン・オドネルを中心に1993年に設立されたアーティスト集団「ママリアン・ダイビング・リフレックス」による参加型プロジェクト『All the Sex I've Ever Had』の日本オリジナル版。

日本オリジナル版では、公募で集まった65歳以上の出演者6人とダレン・オドネルらが1か月間のワークショップとインタビューを行ない、それぞれの性体験を振り返りながら脚本を制作。思い出の音楽やダンスシーンを盛り込みながら「セックス」を切り口に人生を語るシニアと、観客である若い世代の間に対話を促す。

現在チケットのLINE先行販売を実施中。一般販売は1月18日10:00からスタートする。

※新型コロナウイルス「COVID-19」の発生に伴い、3月末までのイベント開催を延期することが発表されました。

イベント情報

『True Colors DIALOGUE「私がこれまでに体験したセックスのすべて」』

2020年3月5日(木)~3月8日(日)全4公演 会場:東京都 表参道 スパイラルホール 料金: 前売 一般3,200円 U29券1,500円 当日 一般3,700円 U29券2,000円
  • HOME
  • Stage
  • シニアと若者が対話『私がこれまでに体験したセックスのすべて』日本初演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて