マーベル新作『モービウス』予告編公開、主演はジャレッド・レト

マーベルの新作映画『モービウス』が2020年に公開されることが決定。発表とあわせて予告編が公開された。

同作の主人公は、『ノーベル賞』を受賞する天才的なドクターでありながら血液の難病を患うマイケル・モービウス。多くの命を救いながらも自身の病を治す方法だけを見つけられず、やがてコウモリの血清を用いて自らの体を使った人体実験に手を染めていく、というキャラクターだ。マーベル・コミックではスパイダーマンの宿敵として知られるマイケル・モービウスは、1971年に出版された『アメイジング・スパイダーマン』に初登場。米コミックス倫理委員会はコミックにおけるヴァンパイアの登場を規制していたという。

マイケル・モービウス役を演じるのはジャレッド・レト。そのほかの出演者にはマット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、マイケル・キートンが名を連ねる。『ライフ』のダニエル・エスピノーサがメガホンを取った。全米公開は7月31日。

予告編には、モービウスが杖をついて移動する姿や患者を治療する様子、自らの手のひらに傷をつけたモービウスに無数のコウモリが群がるシーン、アドリア・アルホナ演じる人物の「マイケル、これは一体?」という言葉、ジャレッド・ハリス演じる人物が「その治療は――病気よりも恐ろしい」と口にする様、マイケル・キートン演じる人物が「マイケル・モービウス…善人には飽きただろ? なあ先生?」と笑みを浮かべる場面などが確認できる。

作品情報

『モービウス』

2020年全国公開
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演: ジャレッド・レト マット・スミス アドリア・アルホナ ジャレッド・ハリス マイケル・キートン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • マーベル新作『モービウス』予告編公開、主演はジャレッド・レト

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて