『スター・ウォーズ』新作の日本興収が60億円突破 アカデミー賞3部門候補

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の日本での興行収入が1月13日の時点で60億円を突破したことが発表された。

現在公開中の同作は『スター・ウォーズ』シリーズの完結編。日本時間1月13日にノミネートが発表された『第92回アカデミー賞』では、音響編集賞、視覚効果賞、作曲賞の3部門にノミネートされている。授賞式は現地時間2月9日にアメリカ・カリフォルニア州のドルビーシアターで行なわれる。

日本での動員数は400万人超。今年のお正月映画として興行収入、動員数共に第1位を記録した。北米では2019年に公開された作品では興行収入第3位にランクイン。全世界興行収入は10億ドルを超えている。

作品情報

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

2019年12月20日(金)全国公開 監督・脚本:J・J・エイブラムス 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『スター・ウォーズ』新作の日本興収が60億円突破 アカデミー賞3部門候補

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて