The Whoのロックオペラ映画『TOMMY』、東名阪Zeppで1夜限り上映

上映イベント『The Who ロックオペラ「Tommy」一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東名阪』が、3月9日に東京・お台場のZepp DiverCity、愛知・Zepp Nagoya、大阪・Zepp Nambaで開催される。

1965年にデビューし、昨年には約13年ぶりとなるアルバム『WHO』を発表したThe Who。同イベントでは、The Whoが1969年に発表したコンセプトアルバム『TOMMY』を題材としたロックオペラ映画『Tommy』のHDリマスター版をライヴハウスのPA音響で上映する。

ケン・ラッセルが監督を務め、1975年3月に公開された『Tommy』は、幼少期に目撃した事件のショックで心を閉ざしたトミーがやがて奇蹟の救世主にまつりあげられていく様を描いた作品。トミー役をロジャー・ダルトリー(The Who)が演じたほか、The Whoのメンバーであるピート・タウンゼント、ジョン・エントウィッスル、キース・ムーンをはじめ、エリック・クラプトン、エルトン・ジョン、ティナ・ターナー、ジャック・ニコルソン、アン・マーグレット、オリヴァー・リードらが出演している。

チケットの一般販売は2月21日からスタート。各種先行販売は『ライヴ絶響上映』の特設ページで確認しよう。

イベント情報

『The Who ロックオペラ「Tommy」一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東名阪』

2020年3月9日(月) 会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity、愛知県 Zepp Nagoya、大阪府 Zepp Namba 料金:プレミアムエリアシート4,000円 一般自由席3,000円 スタンディング2,000円(全てドリンク別) ※当日券は500円増し
  • HOME
  • Music
  • The Whoのロックオペラ映画『TOMMY』、東名阪Zeppで1夜限り上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて