波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

ドラマ『家政婦のミタ』『同期のサクラ』などを手掛ける脚本家の遊川和彦が監督を務める同作は、「3月の31日間」を切り取った30年のラブストーリー。お互いの想いを秘めたまま別々の人生を歩んでいた結城弥生と、山田太郎が昭和、平成、令和と時代を跨ぎ、運命に翻弄されながら愛を紡いでいく姿を描く。強い信念を持つ主人公の結城弥生役に波瑠、周りに流される弱さを抱えつつも弥生を支えていく同じく主人公の山田太郎役に成田凌がキャスティング。波瑠が主演を務め、成田と初共演を果たす。

予告編では、太郎が乗っているバスを追う高校時代の弥生の様子や、卒業式の帰りにそれぞれの分かれ道を歩く太郎と弥生の姿、「震災で失った最愛の人」「あなたは、私の人生そのものでした。」というテロップなどが確認できる。

また高校時代に病気で亡くなった弥生と太郎の親友・渡辺サクラ役を杉咲花、太郎と深く関係のある青年・あゆむ役を映画初出演となる岡田健史、弥生の配偶者となるが、ある事故に巻き込まれる白井卓磨役を小澤征悦、弥生と太郎に手を差し伸べる太郎の母・山田真理亜役を黒木瞳が演じている。

作品情報

『弥生、三月-君を愛した30年-』

2020年3月20日(金・祝)から全国東宝系で公開
監督・脚本:遊川和彦 出演: 波瑠 成田凌 杉咲花 岡田健史 小澤征悦 黒木瞳 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて