ニュース

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2020』に国内外6作 唐十郎×宮城聰の野外劇も

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2020』が、4月25日から静岡・静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほかで開催される。

宮城聰が芸術総監督を務めるSPAC-静岡県舞台芸術センターが主催する同イベント。演劇を通じた世界中のアーティストとの交流を志し、2000年に開始された『Shizuoka春の芸術祭』が名称を改め、『ふじのくに⇄せかい演劇祭』として2011年から毎年開催されている。

今回のラインナップは6作品。ワジディ・ムアワッドが家族と分断を描く『空を飛べたなら』、オリヴィエ・ピィのグリム童話『愛が勝つおはなし ~マレーヌ姫~』、キリル・セレブレンニコフによる写真家レン・ハンへのオマージュ作品『OUTSIDE ―レン・ハンの詩に基づく』、クリスティアヌ・ジャタヒーの『終わらない旅 ~われわれのオデッセイ~』、オマール・ポラスの『私のコロンビーヌ』など海外演出家による日本初演の5作品に加え、宮城聰は唐十郎の戯曲を新作野外劇にアレンジした『おちょこの傘持つメリー・ポピンズ』を発表する。一般前売チケットは3月8日10:00から販売開始。

また、5月2日から5月5日には、『東京 2020 NIPPON フェスティバル共催プログラム』の一環として宮城聰の構成、演出によるSPACの公演『アンティゴネ』を上演。同時開催のストリートシアターフェス『ストレンジシード静岡』では、アーティストたちが街中を舞台に演劇やダンスなどのパフォーマンスを展開する。参加アーティストは東京デスロック、柿喰う客、白井剛×森川祐護 (Polygon Head)、ホナガヨウコ、渡邉尚(頭と口)×kajii、劇団子供鉅人、劇団 短距離男道ミサイル、鳥公園、ワワフラミンゴ、壱劇屋、コトリ会議、太めパフォーマンス、不思議少年、Mt.Fuji、吉光清隆ら。詳細はSPACのオフィシャルサイトをチェックしよう。

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2020』メインビジュアル
『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2020』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図