ニュース

『弱虫ペダル』が永瀬廉主演で実写映画化 伊藤健太郎、橋本環奈ら共演

小野田坂道役を演じる永瀬廉(King & Prince) ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
小野田坂道役を演じる永瀬廉(King & Prince) ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008

実写映画『弱虫ペダル』が8月14日から公開される。

アニメーション作品、舞台、小説、ドラマなど様々なメディアミックスが展開されている渡辺航の漫画『弱虫ペダル』をもとにした同作。運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道が、自転車競技部への入部をきっかけに自転車選手としての才能を発揮させ、初めてできた仲間と共にレースで走る喜びを見出していく様を描く。

主演を務めるのは永瀬廉(King & Prince)。地元の千葉から東京・秋葉原までママチャリで通う主人公・小野田坂道役を演じる。坂道のライバル今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー寒咲幹役に橋本環奈がキャスティング。監督を『“隠れビッチ”やってました。』の三木康一郎、プロデューサーを『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の寺西史が務めた。映画は2月にクランクイン予定。

発表とあわせて永瀬廉、伊藤健太郎、橋本環奈、原作者の渡辺航、三木康一郎監督、寺西史プロデューサーコメントが公開された。

永瀬廉(King & Prince)のコメント

まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です!
一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです!
その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。
僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。

伊藤健太郎のコメント

今回「弱虫ペダル」に出演させていただく事になりました伊藤健太郎です。
漫画やアニメなどでとても人気のある作品に出させていただける事がとても嬉しいです。
また監督の三木さんともご一緒するのが2回目で信頼できる方なので今から楽しみです。
原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

橋本環奈のコメント

今作はこのお話を受ける前から原作を読ませて頂いておりました。
学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです!
その作品の中で私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。
実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。

渡辺航のコメント

坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。
ボクも楽しみにしています!!

三木康一郎監督のコメント

弱虫ペダル、原作が持っている疾走感や熱量、あと登場人物たちの熱い想いをリアルに映像としてどう伝えていくのか?そう考えたとき、まず自分自身が登場人物たち以上の熱量を持って挑む!というなんだか少年漫画のような結論に至ってしまいました。
出演者、スタッフ、この映画にたずさわる者たちの熱量を皆さんに感じて頂ければと思います。
主演の永瀬廉さんとは初めてですが、彼が持つ素直なところや、まっすぐなところ、しかし、その奥にある強さや熱さなんかを、主人公の小野田坂道を通して、みなさんに伝えられればと思っています。
みんな必死で自転車の練習をしています!彼らの努力や成長にも期待していて下さい。

寺西史プロデューサーのコメント

永瀬廉の起用理由について
映画の主人公の小野田坂道役を「誰が演じるといいのだろう」とずっと悩んでいた時に、永瀬廉さんをテレビで拝見して、「この人しかいない!」と強く思いました。「坂道」の持っている一生懸命さ、明るさ、そして芯の強さ。
映画の中で描きたいと思っていた主人公が、永瀬さんの中にありました。
永瀬さんの作り上げる小野田坂道が楽しみでなりません。
伊藤健太郎の起用理由について
今泉は努力型の天才であり、複雑な感情を持ったキャラクターです。
伊藤健太郎さんの、柔らかい部分もありつつ、時折見せる鋭い目が、まさに今泉にピッタリだと思います。
坂道との出会いによって、変化をしていく今泉を演じて頂けることが幸せです。
橋本環奈の起用理由について
幹ちゃんは、坂道の隠れた才能を「発見する人」です。映画を見る観客の皆さんの気持ちに、一番近いところに寄り添っていてくれるキャラクターです。
圧倒的な「華」を持った橋本環奈さんが演じてくださることで、映画に美しい光が差し込むことと思います。

今泉俊輔役を演じる伊藤健太郎 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
今泉俊輔役を演じる伊藤健太郎 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
寒咲幹役を演じる橋本環奈 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
寒咲幹役を演じる橋本環奈 ©2020「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは