ニュース

Netflix映画『スペンサー・コンフィデンシャル』予告編、Post Maloneも出演

Netflixオリジナル映画『スペンサー・コンフィデンシャル』の予告編とキービジュアルが公開された。

3月6日から配信される同作は、ロバート・B・パーカーの小説『スペンサー』シリーズをもとにした作品。刑務所から出所した元警察官スペンサーは、同居人のホークと共に自身が投獄されるきっかけとなった殺人事件の謎を調査するが、やがて汚職警官、麻薬カルテル、その裏に潜む大物政治家らの巨大な悪に辿り着き、口封じのターゲットにされてしまうというあらすじだ。頑固者で正義感の強いスペンサー役にマーク・ウォールバーグ、相棒のホーク役にウィンストン・デュークがキャスティング。監督を『ローン・サバイバー』のピーター・バーグ、プロデューサーを『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツが務める。

予告編には、スペンサーと囚人による殴り合いをはじめ、スペンサーと刃物を手にした男たちが争うレストランにホークが運転する車が突っ込むシーン、スペンサーが「汚職警官と――麻薬カルテル、その陰には大物政治家。警官の頃奴らを追って――ハメられた」と明かす場面、スペンサーとホークが「その銃はダメだ」「俺の名前のほうが銃のイメージに合う」「そうか、小型銃なら許す」というやりとり、スペンサーの恋人の「バットマンと弟子のつもり? 執事まで……」という言葉を受けてアラン・アーキン演じるヘンリーが「俺は執事じゃない」と反論する様子、さらに映画デビューを果たすPost Maloneことオースティン・リチャード・ポスト演じる囚人が「お前はもうすぐ破滅する」と語るなどが映し出されている。

キービジュアルでは、車の前でしゃがんで銃を手にするスペンサーとホークの姿が確認できるほか、「一線超えも当たり前」というコピーが使用されている。

Netflixオリジナル映画『スペンサー・コンフィデンシャル』キービジュアル
Netflixオリジナル映画『スペンサー・コンフィデンシャル』キービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図