宇野維正と田中宗一郎が2010年代のポップカルチャーを総括、共著『2010s』

宇野維正と田中宗一郎の共著『2010s』が1月30日に刊行される。

政治や社会情勢とも呼応した2010年代のポップカルチャー。同書ではそれぞれのフィールドでポップカルチャーの進化と変容を観測し続けた宇野維正と田中宗一郎が、「黄金の10年」とその時代精神について討論し、総括している。討論で語られているのは、Lady Gaga、インディーロック、ラップミュージック、Spotify、Netflix、マーベル、『ゲーム・オブ・スローンズ』など。

同書の刊行を記念し、宇野維正と田中宗一郎によるトークイベントを各地で実施。2月15日に大阪・ロフトプラスワンウエスト、3月5日に大分・athall、3月6日に佐賀・嬉野温泉大村屋、3月7日に福岡・LIV LABO、3月8日に熊本・tsukimiで開催される。2月1日に東京・青山ブックセンター本店で開催されるイベントは完売となっているが、2月24日に東京・代官山蔦屋書店で追加イベントを実施する予定だ。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 宇野維正と田中宗一郎が2010年代のポップカルチャーを総括、共著『2010s』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて