東京都美術館で「北欧のフェルメール」ハマスホイとデンマーク絵画の展覧会

展覧会『ハマスホイとデンマーク絵画』が、3月26日まで東京・上野の東京都美術館で開催されている。

1916年に逝去したデンマークの画家ヴィルヘルム・ハマスホイ。ハマスホイは、17世紀のオランダ絵画に影響を受け、静謐な室内表現を特徴とすることから「北欧のフェルメール」とも評され、日本では2008年に回顧展を開催している。

『ハマスホイとデンマーク絵画』では、日本初公開のものを含む約40点のハマスホイ作品を紹介しているほか、コペンハーゲンで19世紀前半に花開いた「デンマーク絵画の黄金期」の絵画、印象派風の光の描写を取り入れたスケーイン派、世紀末の首都で活躍した画家たちによる室内画などを紹介している。音声ガイドナビゲーターは宮沢りえが担当。鑑賞ポイントやエピソードなどを案内している。

会期終了後は、4月7日から山口・山口県立美術館で開催。

宮沢りえのコメント

「ハマスホイとデンマーク絵画」展の音声ガイドナビゲーターをやらせて頂く事をとても光栄に思います。
私は美術館で絵画を鑑賞する時、そこに流れていた時間や風や匂いや光、画家の想いを想像しながら自分の心と対話します…その時間がとても好きですし、大切な瞬間です。
今回のナビゲーターではハマスホイの作品から静かに溢れてくる絵画のエネルギーを、純粋に感じていただけるよう、声という表現で皆様の五感に寄り添う事ができたら幸いです。

イベント情報

『ハマスホイとデンマーク絵画』

2020年1月21日(火)~3月26日(木) 会場:東京都 上野 東京都美術館 時間:9:30~17:30、金曜、2月19日、3月18日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで) 休室日:月曜、2月25日(2月24日、3月23日は開室) 料金:当日 一般1,400円 大学生・専門学校生1,100円 高校生600円 65歳以上800円 ※中学生以下無料 ※3月20日(金・祝)~26日(木)は18歳以下(平成13(2001)年4月2日以降生まれ)無料、2月19日(水)、3月18日(水)は65歳以上無料、いずれも証明書持参 2020年4月7日(火)~6月7日(日) 会場:山口県 山口県立美術館 時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(5月4日は開館)
  • HOME
  • Art,Design
  • 東京都美術館で「北欧のフェルメール」ハマスホイとデンマーク絵画の展覧会

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて