金ローで『十二人の死にたい子どもたち』地上波放送 杉咲花、橋本環奈ら出演

映画『十二人の死にたい子どもたち』が、本日1月31日に日本テレビ系の『金曜ロードSHOW!』で放送される。

昨年1月に劇場公開された同作は、安楽死を志願する12人の未成年を描く密室サスペンス。冲方丁による原作小説をもとにして、堤幸彦が監督を務め、脚本を倉持裕(ペンギンプルペイルパイルズ)が手掛けた。音楽は小林うてなが担当。

集団安楽死をするために廃病院に集まった12人の未成年の前に想定外の13人目の遺体が現れたことから状況が一変し、死体の謎と殺人犯を巡って嘘と騙し合いが交錯する中、12人の死にたい理由が明らかになっていくというあらすじだ。

安楽死を志願する12人の未成年役を杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、橋本環奈が演じている。

杉咲花はアンリ役、新田真剣佑はシンジロウ役、北村匠海はノブオ役、高杉真宙はサトシ役、黒島結菜はメイコ役、橋本環奈はリョウコ役、吉川愛はマイ役、萩原利久はタカヒロ役、渕野右登はケンイチ役、坂東龍汰はセイゴ役、古川琴音はミツエ役、竹内愛紗はユキ役を演じるほか、「13人目」となる死体役をとまんが演じている。

本日の『金曜ロードSHOW!』では初の地上波放送を行なう。堤幸彦監督が手掛けた『金曜ロードSHOW!』オリジナル版になるとのこと。

堤幸彦監督は、同作の製作発表時に以下のようにコメント。

堤幸彦監督のコメント

「十二人の子どもたち」を演じた、これからの日本を背負う若き役者達がヤバい。
「死にたい=集団安楽死」というテーマが、相当、ヤバい。
撮りながら、今まで感じた事がない、自分の細胞が総毛立つ瞬間が何度も何度もあった。
やっぱりヤバかった。
たくさんの意味で。
どうしよう…。
面白すぎて人に観せたくないぞ。

番組情報

『金曜ロードSHOW!』
『十二人の死にたい子どもたち』

2020年1月31日(金)21:00~23:09まで日本テレビ系で放送
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 金ローで『十二人の死にたい子どもたち』地上波放送 杉咲花、橋本環奈ら出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて