萩尾望都、松本大洋、大童澄瞳ら20人が東京を描く『漫画「もしも東京」展』

『漫画「もしも東京」展』が夏に東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

同展は、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が主催する『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル 13』の一環で開催。20人の漫画家が「東京」をテーマに描き下ろした新作漫画を展示する。

参加作家は、浅野いにお、安倍夜郎、石黒正数、石塚真一、市川春子、岩本ナオ、太田垣康男、大童澄瞳、奥浩哉、小畑友紀、黒田硫黄、咲坂伊緒、出水ぽすか、萩尾望都、昌原光一、松井優征、松本大洋、望月ミネタロウ、山下和美、吉田戦車。

イベント情報

『漫画「もしも東京」展』

2020年夏 会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 料金:無料
  • HOME
  • Book
  • 萩尾望都、松本大洋、大童澄瞳ら20人が東京を描く『漫画「もしも東京」展』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて