『Casa BRUTUS』バンクシー特集 シュレッダー事件から作品解説まで約100P

特集記事「バンクシーとは誰か?」が2月7日発売の雑誌『Casa BRUTUS 2020年3月号』に掲載される。

「バンクシーとは誰か?」では、今年に神奈川、東京、大阪で展覧会が開催される覆面アーティストのバンクシーを約100ページにわたって特集。サザビーズオークションで落札と同時に作品が裁断された「シュレッダー事件」の真相に迫るほか、東京・日の出埠頭の防潮扉に描かれた作品について「カワイイねずみ」とツイートした真意を小池百合子東京都知事に訊ねるインタビューや、バンクシーがパレスチナに開業した「世界一眺めの悪いホテル」の取材記事を掲載する。

さらにバンクシーの主要作品約100点を図解。語録集、証言集なども収録される。

※記事掲載時から一部表現を変更しました。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『Casa BRUTUS』バンクシー特集 シュレッダー事件から作品解説まで約100P

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて