ピーターが悪に染まる?実写映画『ピーターラビット2』5月公開 予告編も

映画『Peter Rabbit 2: The Runaway』の邦題が『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』に決定。5月22日から公開される。

ビアトリクス・ポターの絵本を実写映画化し、2018年に公開された『ピーターラビット』は全世界興行収入約386億円を突破。ビアとマグレガーの結婚式から物語が展開する『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』では、マクレガーに叱られる毎日に嫌気がさし、生まれ育った湖水地方を飛び出たピーターが、亡き父親の親友を名乗るバーナバスと出会ったことでダークサイドに染まっていく姿が描かれる。全米公開は4月3日。

『ピーターラビット』に引き続き、キャストにはジェームズ・コーデン、マーゴット・ロビー、エリザベス・デビッキ、デイジー・リドリー、ドーナル・グリーソン、ローズ・バーンが名を連ねる。監督は前作を手掛けたウィル・グラックが続投。

発表とあわせて予告編が公開。マグレガーが「ピーター!」「お前に言ってるんだ!」「この悪ガキめ!」と怒声を放つ姿をはじめ、ピーターがマグレガーの顔面に飛び蹴りするシーン、バーナバスがピーターに「親父さんのワル仲間だ」と語る様子、「変わっちゃったね…」と指摘されたピーターの「初めて誰かに――認めてもらえたんだ」という言葉、ピーターが車のドアを蹴り飛ばして脱出する場面などが確認できる。

作品情報

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』

2020年5月22日(金)から全国公開
監督:ウィル・グラック 声の出演: ジェームズ・コーデン マーゴット・ロビー エリザベス・デビッキ デイジー・リドリー 出演: ドーナル・グリーソン ローズ・バーン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ピーターが悪に染まる?実写映画『ピーターラビット2』5月公開 予告編も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて