井上真央の主演映画『閉じ込めた吐息』製作開始、娘と母の繊細な感情を描く

映画『閉じ込めた吐息』が3月から製作開始。井上真央が主演することが発表された。

長編映画デビュー作『人の望みの喜びよ』で『第64回ベルリン国際映画祭』ジェネレーション部門でスペシャルメンションを受賞した杉田真一が監督と脚本を務める『閉じ込めた吐息』は、娘と母の伝えられない感情の複雑さを描いた作品。脚本を読んだ井上真央は出演を快諾し、主人公の夕子役を演じることが決定したという。撮影は愛知・刈谷を中心に実施予定。詳細は後日発表される。

杉田真一監督のコメント

本作主人公の夕子に、井上真央さんの息を吹き込んで頂けることとなりました。
オリジナル脚本として描いた夕子が、ようやく体温を持つんだなぁ、生き始めるんだなぁと思うと、今から楽しみで仕方がありません。
井上真央さんでしか表現出来ないであろう繊細さと強さ。そのあいだで揺らぐ言葉にならない“思い”を、こぼしてしまわない様に、そっと掬い取れればと考えています。
白や黒のはっきりしたコントラストだけでは描けない、そんな豊かで美しい灰色の映画になればと思っています。

作品情報

『閉じ込めた吐息』

監督・脚本:杉田真一 出演:井上真央
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 井上真央の主演映画『閉じ込めた吐息』製作開始、娘と母の繊細な感情を描く

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて