菅田将暉と小松菜奈が額を重ねて涙 瀬々敬久『糸』予告編 成田凌らの姿も

瀬々敬久監督の新作映画『糸』の予告編と場面写真が公開された。

中島みゆきの楽曲“糸”から着想を得た同作は、北海道、東京、沖縄、シンガポールを舞台に、平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、平成の終わりに再び巡り逢うまでの18年間を「生活者の視点から見た平成史の変遷」と共に描いた作品。北海道で生まれ育ち、チーズ工房で働く高橋漣役を菅田将暉、中学生の時に漣と離れ離れとなる園田葵役を小松菜奈が演じる。公開は4月24日。

予告編には、「初めて愛したあなたは今、どこで生きていますか」というナレーションや、13歳の漣と葵の繋いだ手が離れる様子、大人になった漣と葵が再会する姿などが映し出されている。榮倉奈々演じる桐野香、斎藤工演じる水島大介、山本美月演じる高木玲子、倍賞美津子演じる村田節子、成田凌演じる竹原直樹の姿なども確認できる。

場面写真には、漣と葵が額を重ねて涙を流す姿が写し出されている。同写真は、特大バナーポスターとして全国の上映館で2月21日から随時掲出予定だ。

作品情報

『糸』

2020年4月24日(金)から全国東宝系で公開
監督:瀬々敬久 脚本:林民夫 音楽:亀田誠治 出演: 菅田将暉 小松菜奈 山本美月 高杉真宙 馬場ふみか 倍賞美津子 永島敏行 竹原ピストル 二階堂ふみ 松重豊 田中美佐子 山口紗弥加 成田凌 斎藤工 榮倉奈々 配給:東宝
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 菅田将暉と小松菜奈が額を重ねて涙 瀬々敬久『糸』予告編 成田凌らの姿も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて