ベルリン、NY、東京の実験映画が集う『Experimental film culture』3月開催

上映イベント『Experimental film culture vol.2 in Japan ~ポレポレオルタナティブ』が、3月20日と21日に東京・ポレポレ東中野内のポレポレ坐で開催される。

映像作家の鈴木光がキュレーションを務める『Experimental film culture』。昨年10月に第1弾が行なわれた。第2弾となる今回は石川翔平(ポレポレ東中野)との共同企画となり、ドイツ・ベルリン、アメリカ・ニューヨーク、東京を拠点に活動するアーティストの作品を上映。鈴木光が制作活動を続ける中で生まれてきた二項対立「物語映画と非物語映画」「ドキュメンタリーとフィクション」「インスタレーションと上映」「コンテンポラリーアートと映画」「実験映画とドキュメンタリー」がどのように対立しているのか、対立しているのではなく共存できるのか、その間を見つめることができる作品が集められたという。

イベントは3月20日に上映されるA、Bプログラム、3月21日に上映されるC、D、E、Fプログラムの全6プログラムがラインナップ。Aプログラムは鈴木光監督『安楽島』『Michiko』、『ベルリン国際映画祭』で上映されたイヴァン・マルコヴィッチ&リンフェン・ウ監督作『From Tomorrow on, I Will』で構成される。Bプログラムはデボラ・ストラトマン監督による『ベルリン国際映画祭』上映作品『Vever, for Barbara』、『サンダンス映画祭』で上映された大木裕之監督作『優勝―Renaissance―』の2本立て。

Cプログラムはメリーナ・パフンディ監督の『Futuro, un film griego-argentino』、『ベルリン国際映画祭』で上映されたシェリー・シルヴァー監督作『Futuro, un film griego-argentino』とベアント・ルツェラー監督作『Camera Threat』が並ぶ。
Dプログラムは仲本拡史の監督作品7本が上映されるほか、仲本拡史監督が登壇するアフタートークを実施。Eプログラムは西澤諭志監督作『百光』、斎藤玲児監督作『23-3』の2本立てで、両監督を招いたアフタートークも行なわれる。Fプログラムはシルヴィア・シェデルバウアー監督の『ベルリン国際映画祭』上映作『Wishing Well』、ダーン・コムリエン監督の『ロカルノ映画祭』上映作『All the Cities of the North』で構成。

現在チケットの予約を受付中。詳細はイベントのポレポレ坐のオフィシャルサイトで確認しよう。

鈴木光のコメント

このイベントでは、ベルリン・ニューヨーク・東京を拠点に活動する映画作家/アーティストの作品を見ることができます。
これらの作品は、主にベルリン映画祭や、ロカルノ映画祭で上映された実験的な映像表現です。そして、vol.2となる今回は、アメリカから今年の山形国際ドキュメンタリー映画祭の審査員でもあるデボラ・ストラトマンとアーティスト・バーバラハマーのコラボレーション作品、日本からは大木裕之や仲本拡史、斎藤玲児という作家の作品も加わり、実験度が増しました!
この超インディペンデントで、他では見ることができない映像作品をこの機会に是非ご覧ください!
エクスペリメンタルフィルムとは何か?ドキュメンタリーとフィクションの間とは何か!?という問いへの美術/アート/作家主義映画の一つの回答であるかもしれません!

イベント情報

『Experimental film culture vol.2 in Japan ~ポレポレオルタナティブ』

2020年3月20日(金・祝)、3月21日(土) 会場:東京都 ポレポレ東中野 ポレポレ坐
3月20日上映作品: [Aプログラム] 『安楽島』(監督:鈴木光) 『Michiko』(監督:鈴木光) 『From tomorrow on, I will』(監督:イヴァン・マルコヴィッチ&リンフェン・ウ) [Bプログラム] 『Vever, for Barbara』(監督:デボラ・ストラトマン) 『優勝―Renaissance―』(監督:大木裕之) 3月21日上映作品: [Cプログラム] 『Futuro, un film griego-argentino』(監督:メリーナ・パフンディ) 『A tiny place that is hard to touch』(監督:シェリー・シルヴァー) 『Camera Threat』(監督:ベアント・ルツェラー) [Dプログラム] 『The Spacecraft Diaries 190312(Moridogawa/森戸川)』(監督:仲本拡史) 『The Spacecraft Diaries 180811(Kamuimintara/カムイミンタラ)』(監督:仲本拡史) 『IR PLANET』(監督:仲本拡史) 『鏡の森/Mirror of the Virgin Forest』(監督:仲本拡史) 『夢幻の住人/Residents of Fantasy』(監督:仲本拡史) 『沈黙の旅人/Silent Travelers』(監督:仲本拡史) 『静かなる来訪者/Quiet Visitors』(監督:仲本拡史) [Eプログラム] 『百光』(監督:西澤諭志) 『23-3』(監督:斎藤玲児) [Fプログラム] 『Wishing Well』(監督:シルヴィア・シェデルバウアー) 『All the Cities of the North』(監督:ダーン・コムリエン) 料金:1回券1,000円 2回券2,000円 フリーパス券3,000円(全てドリンク別)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ベルリン、NY、東京の実験映画が集う『Experimental film culture』3月開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて