吉岡里帆が目隠し実験、レノアハピネスと花の香りを嗅ぎ分ける新CM

吉岡里帆が出演するP&GのCM「レノアハピネス まるで本物の花の香り篇」が、3月1日から全国でオンエアされる。

3月上旬から発売される「レノアハピネス」。2月から放映しているティザーCMに続く本篇CMとなり、ティザーCMで臨んでいた実験の様子を公開する。

実験は吉岡里帆が目隠しをして、「レノアハピネスと本物の花の香りの違いがわかるか」を試すもの。吉岡は「どちらの香りが好きですか?」との問いに香りを嗅ぎながら悩み、レノアハピネスの匂いを選んで目隠しを外す様子などが捉えられている。

レノアハピネスはフラワーアーティスト・竹内陽子監修のもと、「まるで本物の花の香り」を目指して開発。CMには、第一園芸のフラワーショップ・BIANCABARNETの東京ミッドタウン日比谷店を舞台に、竹内陽子がレノア研究開発担当者と共に香りの研究を行なっているシーンが盛り込まれている。

吉岡里帆のコメント

人生初のブラインドテストとのことだが、今回の撮影はどうだったか
実際ブラインドテスト自体が初めてだったんですけど、目隠しをして部屋に入った瞬間の驚きがすごくあって、びっくりしたというのと、新鮮というのがあってとても楽しかったです。

本物の花の部屋とレノアハピネスで洗濯された衣類の部屋を行き来する撮影だったが
はじめお花が飾ってある方の部屋は、絶対お花の香りがするから分かるだろうなと思って入ったら、意外と目隠ししてるとレノアハピネスの柔軟剤の香りがしている方の部屋からも、本当に生のお花に近いような香りがしたので、見えなくなるとこんなに混乱するんだと思って、本当に柔軟剤から生のお花のような香りがすることに驚きました。

レノアハピネスはフラワーデザイナーと共同開発しており、本物の花のような香りがする柔軟剤となるが、どんな感想か
そうですね、今回比べられるっていう機会があったので分かりやすかったんですけど、実際に衣類の香りをかぐと本当に自然というか優しい雰囲気というか、本当にお花が飾ってあるようなそういう香りが近くで充満してたので、リアリティの追求じゃないですけど、そこに感動しましたし、実際花がたくさん飾ってある部屋に入った時のふわっと香る感動みたいなのを両方の部屋で感じられたので、すごいなと思いました。

柔軟剤の香りへのこだわりはあるか
そうですね、やっぱり自分が着てる衣類からいい香りがすると嬉しくなるので、柔軟剤にはこだわるようにはしています。あと香水とかTPOによっては付けられない場所とかもあるので、自分が香りを楽しむためにも柔軟剤は大事にしてるアイテムです。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉岡里帆が目隠し実験、レノアハピネスと花の香りを嗅ぎ分ける新CM

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて