一ノ瀬雄太の初個展『Face』「顔」がモチーフの作品やアパレルを展示販売

一ノ瀬雄太の個展『Face』が3月5日から東京・阿佐ヶ谷のVOIDで開催される。

東京を拠点に活動するグラフィックデザイナーで、快速東京のギターを担当している一ノ瀬雄太。一ノ瀬にとって初の個展となる同展では、「顔」をモチーフにしたポスター作品とパーカーなどのアパレルアイテムの展示・販売を行なう。そのほか限定オリジナルグッズも販売予定。

3月7日にはオープニングパーティーを実施。

一ノ瀬雄太のコメント

インターネット内でのコミュニケーションがさかんになり、今まで蓋をされていたような細かい感情までが目に見える形で共有されるようになってきました。弱者の権利を取り戻すようなポジティヴな動きもたくさんありましたが、その一方で怒り悲しみ妬み不安が大爆発しているような場面にも多く出くわします。それでも人って、実際に会うと大体みんないい人じゃないですか。だからやっぱり会って話すのって大事なんですよね。大事っていうか、それが今僕が一番やりたいことでした。
Face to face。日本語に訳すと「面と向かって」ですが。あー、いい言葉だなと思いました。顔と顔。人に会うときの顔。顔をデザインしたい。顔をデザインしたら面白いんじゃないかと思いました。
というわけで、顔の展示です。顔を展示します。

イベント情報

一ノ瀬雄太
『Face』

2020年3月5日(木)~3月15日(日) 会場:東京都 阿佐ヶ谷 VOID 時間:15:00~20:00(金、土曜は21:00まで) 定休日:月曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 一ノ瀬雄太の初個展『Face』「顔」がモチーフの作品やアパレルを展示販売

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて