BAD HOPの「借金1億円」無観客ライブを支援、クラウドファンディング実施中

BAD HOPを支援するクラウドファンディングプロジェクト「借金1億の無観客ライブをみんなで支援しよう!」がCAMPFIREで行なわれている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、3月1日に神奈川・横浜アリーナで無観客ライブを行なったBAD HOP。BAD HOPはメンバー個人が運営するグループであることに加えて、横浜アリーナ公演にはスポンサーもついていないため、1億円超えのライブ制作費はメンバーの借金になるという。チケットは完売していたが、BAD HOPは全額払い戻しを実施した。

YZERRはライブのMCで「俺が18歳の時、このステージに立ちたいと思ったように、この配信を観た俺よりも若い子たちが、何かに挑戦したい気持ちになったら、それは一億円という負債なんてちっぽけなものに見えてしまうほど素晴らしいことなんです」とコメント。

T-Pablowは「今回普通に公演をキャンセルすると負債は3~4千万円で済んだんですよ。でも素直に中止しちゃうのは俺らっぽくないなって。(中略)。負債を背負うわけだからマネージャーとかは中止したかったと思う。でも俺らは頭下げて実施を認めてもらいました」と明かした。無観客ライブを決行した思いについては、「俺らがこのライヴをこうして開催したのは、コロナウイルスのせいでネガティヴな気持ちが蔓延しちゃうのが嫌だったんだよ。例えば、このウイルスが最初に広まった中国の人をネットで攻撃したり、心ないことを言ったりさ。不安な気持ちからネガティヴになって、架空の敵を作って攻撃するなんて、そんなの間違ってる。俺らは画面越しからポジティヴなメッセージを発信したかった」と明かした。

今回のクラウドファンディング企画は同公演の負債を支援するもの。リスナーのアドバイスや意見交換などを経てクラウドファンディングや投げ銭による支援を受け入れることにしたという。目標金額は1億円となり、現時点で3千万円超が集まっている。支援金額ごとに用意されるリターンには現在制作中の3rdアルバム『BAD HOP WORLD』や、今回販売される予定だったグッズ全種も含まれる。詳細はCAMPFIREのオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Music
  • BAD HOPの「借金1億円」無観客ライブを支援、クラウドファンディング実施中

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて