ニュース

『美術手帖』で「表現の自由」特集 表現規制の実態と対処法を考える

特集記事「『表現の自由』とは何か? 芸術を続けるためのアイデアと方法」が、本日3月6日発売の雑誌『美術手帖 2020年4月号』に掲載されている。

同特集は『平和の少女像』をめぐって論争を呼んだ『あいちトリエンナーレ2019』でどのような問題が発生したのかを明らかにすると共に、規制を回避するためのアイデアと方法を紹介するもの。

昨年8月に愛知・名古屋、豊田各所で開催された『あいちトリエンナーレ2019』。津田大介芸術監督のもと、ジャーナリスティックな視点を取り入れた芸術祭としてスタートしたが、『平和の少女像』を展示していた企画展『表現の不自由展・その後』に対する批判が巻き起こり、同企画展は中止に。その後展示は再開されたが、文化庁の補助金は不交付となった。

特集では、津田大介、作家たちの連携プロジェクト「ReFreedom_Aichi」のメンバー、黒瀬陽平へのインタビューを通して、『あいちトリエンナーレ2019』で発生した問題の全貌を解明し、その功罪を検証。そのうえで規制や検閲を受けた場合の対処法について、会田誠や卯城竜太(Chim↑Pom)、岡本光博、小沢剛、ブレット・ベイリー、アンドレ・ライポルトに自身の経験や考え方を問う。アメリカで作られた検閲を回避するためのマニュアルも紹介する。

さらに、国内外の歴史を振り返り、過去に起きた表現規制をめぐる事件を列挙。そうした事件の背後にある諸問題として、国家による芸術支援や、現代美術の教育・伝達のための環境づくりについての議論を展開する。美術館は観客にどう開かれるべきかを題材とした、森美術館館長の片岡真実らによる座談会も収録。最後に、美術と表現を続けるための提言として、21人の美術関係者からの提案を紹介する。

『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催