ニュース

『美術手帖』で「表現の自由」特集 表現規制の実態と対処法を考える

特集記事「『表現の自由』とは何か? 芸術を続けるためのアイデアと方法」が、本日3月6日発売の雑誌『美術手帖 2020年4月号』に掲載されている。

同特集は『平和の少女像』をめぐって論争を呼んだ『あいちトリエンナーレ2019』でどのような問題が発生したのかを明らかにすると共に、規制を回避するためのアイデアと方法を紹介するもの。

昨年8月に愛知・名古屋、豊田各所で開催された『あいちトリエンナーレ2019』。津田大介芸術監督のもと、ジャーナリスティックな視点を取り入れた芸術祭としてスタートしたが、『平和の少女像』を展示していた企画展『表現の不自由展・その後』に対する批判が巻き起こり、同企画展は中止に。その後展示は再開されたが、文化庁の補助金は不交付となった。

特集では、津田大介、作家たちの連携プロジェクト「ReFreedom_Aichi」のメンバー、黒瀬陽平へのインタビューを通して、『あいちトリエンナーレ2019』で発生した問題の全貌を解明し、その功罪を検証。そのうえで規制や検閲を受けた場合の対処法について、会田誠や卯城竜太(Chim↑Pom)、岡本光博、小沢剛、ブレット・ベイリー、アンドレ・ライポルトに自身の経験や考え方を問う。アメリカで作られた検閲を回避するためのマニュアルも紹介する。

さらに、国内外の歴史を振り返り、過去に起きた表現規制をめぐる事件を列挙。そうした事件の背後にある諸問題として、国家による芸術支援や、現代美術の教育・伝達のための環境づくりについての議論を展開する。美術館は観客にどう開かれるべきかを題材とした、森美術館館長の片岡真実らによる座談会も収録。最後に、美術と表現を続けるための提言として、21人の美術関係者からの提案を紹介する。

『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
『美術手帖 2020年4月号』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる