ニュース

窪塚洋介、渋川清彦ら出演、豊田利晃監督の記録映画『プラネティスト』予告

豊田利晃監督のドキュメンタリー映画『プラネティスト』の初日が4月11日に決定。本予告映像、ポスタービジュアルが公開された。

2011年に世界遺産に登録された小笠原諸島を舞台とした同作は、野生のイルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムを確立したサーファーの宮川典継の案内と共に、俳優やミュージシャンが島との「セッション」を行なう様子を映し出したもの。豊田監督は宮川との出会いをきっかけに住民票を島に移して制作に着手し、撮影は4年にわたって行なわれた。出演者は宮川に加え、GOMA、窪塚洋介、渋川清彦、中村達也、ヤマジカズヒデら。ナレーションは小泉今日子が担当した。

ポスタービジュアルは「一寸先は、光だ。」というコピーと共に小笠原諸島の様々な夕日を捉えたもの。予告編では、小笠原諸島の海、島、空、星、クジラ、イルカの姿や、宮川が「島の環境をエネルギーにして、やってきて今現在になってますから。それは全部島がやらせていることなんで」と語る場面、GOMA、渋川清彦、中村達也、ヤマジカズヒデらがパフォーマンスする様子、「今の時代を生き抜くヒントがこの映画の中にある」というコピー、窪塚の「プラネティスト、ネバーダイ」という囁きが確認できる。

※公開延期になりました。

豊田利晃監督のコメント

都市の文明から遠く離れ、原初の地球の風景に囲まれながら自分のコアを見つめていた。
魔法のような夕陽に魅せられて、毎日カメラを回し続けた。気がつけば、4年が過ぎていた。
時間放浪の旅の記録。自分の半生の答えが映っていた。

『プラネティスト』ポスタービジュアル ©プラネティスト制作委員会
『プラネティスト』ポスタービジュアル ©プラネティスト制作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開