キンプリ永瀬廉が黒髪オン眉&丸眼鏡で駆け抜ける 映画『弱虫ペダル』特報

実写映画『弱虫ペダル』の特報映像とティザービジュアルが公開された。

アニメーション作品、舞台、小説、ドラマなど様々なメディアミックスが展開されている渡辺航の漫画『弱虫ペダル』をもとにした同作。運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道が、自転車競技部への入部をきっかけに自転車選手としての才能を発揮させ、初めてできた仲間と共にレースで走る喜びを見出していく様を描く。地元の千葉から東京・秋葉原までママチャリで通う主人公・小野田坂道役に永瀬廉(King & Prince)、坂道のライバル今泉俊輔役に伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー寒咲幹役に橋本環奈がキャスティング。8月14日から公開される。

「ひとりぼっちの僕が――仲間と出会い、自転車と出会い、『今、ここにいる』」というナレーションから始まる特報映像では、丸眼鏡をかけてジャージを着用した坂道がママチャリを漕ぐ様や、今泉の「おい眼鏡、勝負だ」という言葉、制服姿の幹が微笑むシーン、「行くぞー!」という叫び声などが確認できる。

ナレーションを担当した永瀬は「坂道くんの気持ちに入り込んでナレーションさせていただきました!一人でも多くの皆さんにご覧いただきたいです!」とコメント。タイトルコールはアニメ版『弱虫ペダル』で坂道の声を演じる山下大輝が担当した。

ティザービジュアルには、桜が舞い散る中で自転車を漕ぐ坂道の姿が写し出されているほか、「走りだせ! 新しい自分に会うために」というコピーが使用されている。

山下大輝のコメント

特報を拝見し、原作の1巻から丁寧に描かれることがわかって、とても嬉しかったです。
「恋のヒメヒメぺったんこ」は歌われるのだろうか、鳴子くんの赤髪や関西弁はどうなるのだろうか、などまだまだ気になるところがたくさんあります!今後の情報解禁が楽しみでなりません。
タイトルコールで呼んでいただけて本当に嬉しかったので、これを機にアニメと映画でコラボレーションし、「弱虫ペダル」をもっともっと盛り上げていきたいです!!

作品情報

『弱虫ペダル』

2020年8月14日(金)公開
監督:三木康一郎 脚本:板谷里乃、三木康一郎 原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店) 出演: 永瀬廉(King & Prince) 伊藤健太郎 橋本環奈 ほか 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • キンプリ永瀬廉が黒髪オン眉&丸眼鏡で駆け抜ける 映画『弱虫ペダル』特報

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて