「幸せの香り」放つ植物が人類支配 ボタニカル恐怖映画『リトル・ジョー』

映画『リトル・ジョー』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

6月19日から公開される同作は、「幸せになる香り」を放つ新種の植物「リトル・ジョー」が引き金となるホラー映画。シングルマザーの研究者アリスは、息子のジョーに自身が開発したリトル・ジョーをプレゼントするが、やがて花の香りを嗅いだジョーや助手クリスが奇行を起こし始めるというあらすじだ。同作で『第72回カンヌ国際映画祭』女優賞を受賞したエミリー・ビーチャムがアリス役、ベン・ウィショーがアリスの助手クリス役にキャスティング。ミヒャエル・ハネケの助手を務めた経歴を持つ、『ルルドの泉で』のジェシカ・ハウスナーがメガホンを取った。

作曲家・伊藤貞司による尺八の音色が使用された予告編では、アリスとジョーの「特別な植物なのよ」「どう特別なの?」「人を幸せにしてくれる」というやり取りをはじめ、クリスが「この植物に必要なのは“愛”です」と笑みを浮かべる姿、「種を守るために感染し、人格を変えるの」という言葉、ジョーがアリスの手を乱暴に振りほどく様子などが確認できる。

ポスタービジュアルには、白衣を着用したアリスとクリスの姿などが写し出されているほか、「ゾッとする幸せ。」というコピーが添えられている。

作品情報

『リトル・ジョー』

2020年6月19日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺から全国で順次公開
監督:ジェシカ・ハウスナー 出演: エミリー・ビーチャム ベン・ウィショー ケリー・フォックス キット・コナー ほか 配給:ツイン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「幸せの香り」放つ植物が人類支配 ボタニカル恐怖映画『リトル・ジョー』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて