『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

特集記事「Sustainable 大好きな服を、長く着よう」が3月28日刊行の雑誌『「装苑」2020年5月号』に掲載される。

同特集は、サステナブルな社会へ向けての取り組みにフォーカスするもの。ファッション界で問題視されている大量生産による多くの消費などを減らすべく、今知っておくべきリメイク術や着回し方法、海外の情報、用語の基礎知識、各ブランドが提案しているサステナブルを意識した洋服などを紹介する。

表紙は、4月24日公開の映画『糸』で共演している菅田将暉と小松菜奈。2人揃っての登場は約4年ぶりとなる。また12ページにわたる巻頭の「菅田将暉×小松菜奈 つなぎとめる手 モードをまとうふたり」では、菅田将暉と小松菜奈によるファッションシューティングとインタビューを掲載。『糸』の魅力や、平成という時代についてなどを明かしている。

モトーラ世理奈の連載『Creation from ONE SENTENCE』では、「どんなサステイナブル?」をテーマに据えて、可愛くて地球のためにもなるというファッションブランドの最新スタイルを紹介。

増田貴久(NEWS)の連載『MFBB』では、リメイクを得意とするファッションブランド「SREU」のディレクター・米田年範とデザイナー・植木沙織が登場。増田の私物アイテムをリメイクするほか、スタイリングの可能性などを紹介している。

そのほかフラワーアーティスト・篠崎恵美のプロジェクト「edenworks」によるドレスを纏った中島セナや、吉田ユニと綾野剛の初コラボレーションによるビジュアル撮影、2016年から行なわれている小松菜奈のファッション連載『小松さん』の最終回などを展開。「装苑男子スペシャル」として玉森裕太(Kis-My-Ft2)も登場する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて