宮沢りえと初共演する宮沢氷魚『アンナ・カレーニナ』ビジュアル&コメント

舞台『DISCOVER WORLD THEATRE vol.8「アンナ・カレーニナ」』に出演する宮沢氷魚のコメントとビジュアルが公開された。

8月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン、9月10日から京都・京都劇場で上演される同作は、激動する19世紀後半のロシア貴族社会の人間模様を描いたレフ・ニコラエヴィチ・トルストイの小説『アンナ・カレーニナ』の舞台版。フィリップ・ブリーンの新解釈で上演される今回は、破滅に向かうアンナ・カレーニナの「愛」と、未来への希望を感じさせるコンスタンチン・リョーヴィンとキティことカテリーナ・シチェルバツカヤの「純愛」が対照的に描かれるという。「初めての恋」に燃え上がり破滅の道へと突き進んでいくアンナ・カレーニナ役に宮沢りえがキャスティング。

宮沢りえと初共演する宮沢氷魚は、不器用ながらも真実の愛を手に入れるコンスタンチン・リョーヴィン役で出演。「出演のお話を聞いた時はとても嬉しく、感激しました。数々の名作を上演してきたシアターコクーンに立てることを光栄に思っております。宮沢りえさんと共演させて頂くのは今回が初めてなのですが、雲の上のような存在の女優さんで、ご一緒できることがとても楽しみです。苗字が同じなので勝手ながら少し運命も感じています(笑)」とコメントを寄せている。

東京公演のチケットは5月31日10:00、京都公演は7月5日10:00から販売開始。

宮沢氷魚のコメント

出演のお話を聞いた時はとても嬉しく、感激しました。数々の名作を上演してきたシアターコクーンに立てることを光栄に思っております。宮沢りえさんと共演させて頂くのは今回が初めてなのですが、雲の上のような存在の女優さんで、ご一緒できることがとても楽しみです。苗字が同じなので勝手ながら少し運命も感じています(笑)。僕が演じるリョーヴィンはとても素朴で心優しい人間で、アンナとは対照的な立ち位置にいるので、その対比を楽しみつつしっかりと表現していきたいと思います。今作で舞台が5作目になりますが、毎回役者として自分が試されているなと感じます。舞台上では逃げ場がない。その中で一人の人生を生き抜く。その責任感を背に今回もたくさん悩み、試練が待ち受けていると思いますが、全力で駆け抜けて行きたいです。初めて立つコクーンの舞台。ぜひ観に来てください。

イベント情報

『DISCOVER WORLD THEATRE vol.8「アンナ・カレーニナ」』

上演台本・演出:フィリップ・ブリーン 原作:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ 翻訳:木内宏昌 出演: 宮沢りえ 宮沢氷魚 白洲迅 川島海荷 西尾まり 片岡正二郎 深見由真 金子岳憲 高間智子 富沢亜古 真那胡敬二 山本龍二 大空ゆうひ 吹越満 段田安則 ほか 東京公演 2020年8月7日(金)~9月3日(木)全28公演 会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン 料金:S席11,000円 A席8,500円 コクーンシート5,500円 京都公演 2020年9月10日(木)~9月13日(日) 会場:京都府 京都劇場 料金:11,000円
  • HOME
  • Stage
  • 宮沢りえと初共演する宮沢氷魚『アンナ・カレーニナ』ビジュアル&コメント

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて