操上和美がロバート・フランクとの旅を撮影、写真集『April』刊行 展示も

操上和美の写真集『April』が4月10日に刊行される。

1960年代から現在まで写真、雑誌、広告、映像など幅広い分野で活動している写真家・操上和美。

全152ページにおよぶ同書は、操上が昨年逝去した写真家ロバート・フランクとの旅の様子をまとめたもの。操上が初めてフランクを撮影したアメリカ・ニューヨークのアトリエでの様子や、カナダのノバスコシア州、操上の故郷である北海道・富良野での写真などが収められる。アートディレクションは葛西薫が担当。

同日4月10日からは、東京・六本木のタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで写真展『April』を開催。4月24日には、葛西薫と新井敏記(スイッチ・パブリッシング代表)によるトークイベントを実施予定だ。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

リリース情報
  • HOME
  • Book
  • 操上和美がロバート・フランクとの旅を撮影、写真集『April』刊行 展示も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて