ニュース

リアム・ギャラガーの記録映画『アズ・イット・ワズ』7月公開、予告編も

映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の公開日が7月3日に決定。予告編とビジュアルが公開された。

リアム・ギャラガーのOasis時代からソロミュージシャンとして再起するまでの姿を追った同作は、リアムの成功と挫折、苦悩からの復活を捉えたドキュメンタリー。リアム本人に加えて、ギャラガー家の母ペギー、長男ポールらが登場する。監督はドキュメンタリー作品を撮り続けているギャビン・フィッツジェラルドと、同作のために10年以上にわたってリアムを撮影してきたチャーリー・ライトニングが務めた。

Oasisのライブシーンから始まる予告編には、リアムが「兄弟で20年もやってきたのに――兄貴と大ゲンカして終わった」「クソ、何すりゃいい?」と語る姿、男性が「バンド解散に離婚訴訟――あいつはどん底だった」と述懐する様子、再起のきっかけとなったバーでの弾き語りシーンやクリス・マーティン(Coldplay)と共演する場面、「ステージのど真ん中、そこが俺の場所だ」という言葉、「彼はステージに立つ時、ただ1人を意識している」「ノエルよ、本当は寂しいから」という証言などが確認できる。

モノクロのリアムの横顔が写し出されたビジュアルには「彼は、最後のロックンロール・スター。」というコピーが添えられている。

『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』ビジュアル © 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED
『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』ビジュアル © 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために