血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

映画『ランボー ラスト・ブラッド』の場面写真が公開された。

同作は、1982年に第1作目が公開されたシルベスター・スタローン主演『ランボー』シリーズの最終章。孤独な戦いを経て祖国アメリカに戻ったジョン・ランボーは、故郷アリゾナの牧場で古い友人のマリア、その孫娘ガブリエラと共に「家族」として穏やかな生活を送っていたが、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことから事態が急転するというあらすじだ。ジョン・ランボー役をシルベスター・スタローンが続投し、ガブリエラ役をイヴェット・モンレアルが演じる。スタローンは同作について「必ずや観客にシリーズ初の驚きを与える」とコメント。

場面写真には、血まみれのランボーがコンパウンドボウを構える姿をはじめ、ガブリエラと共に愛馬に乗って笑みを浮かべる様子、男に拘束されたガブリエラに謎のカードが突きつけられる場面、燃え盛る炎と黒煙が立ちのぼる牧場などが写し出されている。

なお、同作の公開日は当初6月12日を予定していたが、6月26日に延期となった。

作品情報

『ランボー ラスト・ブラッド』

2020年6月26日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
監督:エイドリアン・グランバーグ 脚本:マット・サーアルニック、シルベスター・スタローン ストーリー:ダン・ゴードン、シルベスター・スタローン キャラクター原案:デイヴィッド・マレル 出演: シルベスター・スタローン パス・ベガ セルヒオ・ペリス=メンチェータ アドリアナ・バラーサ マリア・ベルトラン イヴェット・モンレアル オスカル・ハエナダ 上映時間:101分 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて