mabanua、Kan Sanoらが楽曲を無償提供 「origami Home Sessions」

origami PRODUCTIONSのアーティストによるプロジェクト「origami Home Sessions」が始動した。

ライブができず、収益が当面見込めないアーティストのために楽曲を無償提供する同プロジェクト。提供するインストゥルメンタルトラックのパラデータ、ステムデータやアカペラのデータを使用してコラボレーションソングを制作することや、ネットへのアップロード、リリースも可能とのこと。収益は全てリリースしたアーティストに提供される。

参加アーティストはShingo Suzuki、mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Michael Kaneko、Hiro-a-keyら。楽曲をそのまま試聴することもできる。

「origami Home Sessions」のオフィシャルサイトでは、「可能な限りコラボ表記を入れる」「SNSで拡散させる際は ハッシュタグ #origamiHomeSessions #アーティスト名 #origamiPROUCTIONS を入れる」「リリースの際はJASRACなど著作権団体への登録は避ける」といった楽曲使用の際のガイドラインなどを掲載中。

  • HOME
  • Music
  • mabanua、Kan Sanoらが楽曲を無償提供 「origami Home Sessions」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて