横尾忠則が猫への愛を描いた画文集『タマ、帰っておいで』刊行

横尾忠則の画文集『タマ、帰っておいで』が本日4月1日に刊行された。

「アートとしてではなく、猫への愛を描いた」という『タマ、帰っておいで』には、横尾の愛猫タマが2014年に亡くなったその日から描き始めたタマの絵91点に加えて、タマに関する文章、日記を掲載。また近日、東京・日本橋日光ビルで個展『横尾忠則 REQUIEM タマ、帰っておいで』の開催も予定されている。

書籍情報

『タマ、帰っておいで』

2020年4月1日(水)発売 著者:横尾忠則 価格:2,200円(税抜) 発行:講談社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 横尾忠則が猫への愛を描いた画文集『タマ、帰っておいで』刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて